保険会社に約20年勤めた経験と自分の保険を見直した時の経験を踏まえて、大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の活用方法をご紹介します。

大阪府民共済の平成24年度の保障内容の改善

大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)60歳~64歳の保障内容が大幅に改善されました。

これまで、60歳~64歳の方が大阪府民共済に加入する場合、「熟年型」というコースに加入することになっていました。

制度改善により保障内容がより充実した「総合保障型」というコースに加入することができるようになりました。

既に「熟年型」に加入している方も、掛金が同額の「総合保障型」に自動移行しました。

その結果、同じ掛金で、入院した場合や死亡した場合の保障額が大幅に改善され、「熟年型」では対象外だったケガによる通院も保障されるようになりました。

熟年4型に加入している60~64歳の方の改善内容

H24.3.31以前 H24.4.1以降
コース 熟年4型 総合保障4型
入院 ケガ 5,000円 10,000円
病気 5,000円 8,600円
通院 ケガ *3,000円
死亡 交通事故 400万円 1,400万円
事故 400万円 1,020万円
病気 200万円 420万円
掛金 4,000円 4,000円

*14日以上通院した場合に、通院初日から90日目までを保障

熟年2型に加入している60~64歳の方の改善内容

H24.3.31以前 H24.4.1以降
コース 熟年2型 総合保障2型
入院 ケガ 2,500円 5,000円
病気 2,500円 4,300円
通院 ケガ *1,500円
死亡 交通事故 200万円 700万円
事故 200万円 510万円
病気 100万円 210万円
掛金 2,000円 2,000円

*14日以上通院した場合に、通院初日から90日目までを保障

また、熟年医療特約に加入している場合、総合保障型に付加する医療特約に自動移行しました。

したがって、入院した場合の保障内容も改善されました。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter




PAGETOP
Copyright © 大阪府民共済活用なび All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.