保険会社に約20年勤めた経験と自分の保険を見直した時の経験を踏まえて、大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の活用方法をご紹介します。

大阪府民共済の保障の自動継続

大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の生命共済に一度加入すると、原則として掛金が同額のプランに自動移行することにより、85歳まで保障が継続します。

自動継続のパターン

こども型
(0~18歳)
自動
移行
総合保障型
(18~65歳)
自動
移行
熟年型
(65~85歳)
こども1型
(1,000円)
総合保障1型
(1,000円)
65歳で保障終了*
×
こども2型
(2,000円)
総合保障2型
(2,000円)
熟年2型
(2,000円)
総合保障4型
(4,000円)
熟年4型
(4,000円)
入院保障型
(18~65歳)
熟年入院型
(65~85歳)
入院保障2型
(2,000円)
熟年入院2型
(2,000円)

*65歳以降も保障を継続する場合は、64歳までに総合保障2型や総合保障4型に移行する必要があります。(健康状態の告知が必要)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter




PAGETOP
Copyright © 大阪府民共済活用なび All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.