保険会社に約20年勤めた経験と自分の保険を見直した時の経験を踏まえて、大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の活用方法をご紹介します。

大阪府民共済の医療特約

大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)には、総合保障型や入院保障2型に付加して医療保障を充実させる医療特約(月1,000円)があります。

この医療特約には手術に対する保障があるので、出産の際に帝王切開をした場合などには手術共済金が支払われます。



大阪府民共済の医療特約で準備可能な年代別の医療保障は、以下の通りになります。

18歳~65歳

加入できる方 総合保障型や入院保障2型に加入している方
保障期間 18~60歳 60~65歳
入院一時金
(1回の入院につき)
2万円 2万円
手術
(手術により共済金が異なります)
5・10・20万円 3・6・12万円
先進医療 1~150万円 1~100万円
在宅療養
(20日以上の継続入院後、退院した時)
4万円 4万円
疾病障害
(疾病により障害が残った場合)
100万円 100万円
掛金 1,000円 1,000円

65歳~85歳

加入できる方 熟年型や熟年入院2型に加入している方
保障期間 65~70歳 70~80歳
入院一時金
(1回の入院につき)
1万円 1万円
手術
(手術により共済金が異なります)
2.5・5・10万円 1.5・3・6万円
先進医療 1~100万円 1~50万円
在宅療養
(20日以上の継続入院後、退院した時)
3.5万円 2万円
疾病障害
(疾病により障害が残った場合)
100万円 30万円
掛金 1,000円 1,000円

大阪府民共済の医療特約は、単独で加入することができません。

総合保障型や熟年型入院保障2型や熟年入院2型とセットで加入します。


  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • twitter
PAGETOP
Copyright © 大阪府民共済活用なび All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.