洪水などによる床上浸水や豪雨による土砂の流入には、大阪府民共済の火災共済で準備します。

台風や暴風雨、高潮・高波、洪水、長雨・豪雨、雪崩などにより、自宅が床上浸水や土砂流入の損害を被った場合に、火災共済の風水害等見舞共済金が支払われます。

床上浸水や土砂流入については、全壊・流失の場合を除き、次の基準で大阪府民共済から風水害等見舞共済金が支払われます。

全壊・流失の場合は、台風などの風水害に対する大阪府民共済の保障に記載の風水害等見舞共済金が支払われます。

風水害等見舞共済金額

(1)大阪府民共済の火災共済の住宅(住宅・家財ともに加入の場合を含む)に加入している場合の風水害等見舞共済金額です。

区分 損害内容 見舞共済金額
床上浸水 床面以上の浸水または土砂の流入
(住宅の延床面積の50%以上)
浸水高(*)
120cm以上
加入額の15%
(上限300万円)
浸水高
60cm~120cm
加入額の6%
(上限120万円)
浸水高
60cm未満
加入額の3%
(上限60万円)
床面以上の浸水または土砂の流入
(住宅の延床面積の50%未満)
浸水高
60cm以上
加入額の3%
(上限60万円)
浸水高
60cm未満
加入額の1%
(上限20万円)

*浸水高とは、居住の用に供する部分の床面からの高さをいいます。

(2)大阪府民共済の火災共済の家財のみに加入している場合の風水害等見舞共済金額です。

区分 損害内容 見舞共済金額
床上浸水 床面以上の浸水または土砂の流入
(住宅の延床面積の50%以上)
浸水高(*)
120cm以上
加入額の15%
(上限150万円)
浸水高
60cm~120cm
加入額の6%
(上限60万円)
浸水高
60cm未満
加入額の3%
(上限30万円)
床面以上の浸水または土砂の流入
(住宅の延床面積の50%未満)
浸水高
60cm以上
加入額の3%
(上限30万円)
浸水高
60cm未満
加入額の1%
(上限10万円)

*浸水高とは、居住の用に供する部分の床面からの高さをいいます。

大阪府民共済の火災共済の支払例

木造40坪、4人家族で、住宅の保障2,400万円、家財の保障1,600万円の火災共済に加入している場合を例に説明します。

1.洪水により自宅の延床面積の50%以上が浸水高100cmの床上浸水の被害にあった場合

この場合、自宅の延床面積の50%以上の床上浸水で、浸水高が100cm(浸水高60cm~120cm)ですので、加入額(2,400万円)の6%の144万円が風水害等見舞共済金となりますが、上限が120万円のため120万円が支払われることになります。

2.豪雨により自宅近くの崖が崩れ、自宅の一部(延床面積50%未満)が床上100cmの高さまで土砂に埋まった場合

この場合、自宅の延床面積の50%未満の土砂の流入で、浸水高が100cm(浸水高60cm以上)ですので、加入額(2,400万円)の3%の72万円が風水害等見舞共済金となりますが、上限が30万円のため30万円が支払われることになります。

大阪府民共済の火災共済の掛金と割戻率