保険会社に約20年勤めた経験と自分の保険を見直した時の経験を踏まえて、大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)の活用方法をご紹介します。

必要保障額の計算事例(1)支出予想額

世帯主が40歳のサラリーマンの事例で、必要保障額を計算します。

家族構成 夫:40歳(サラリーマン)
妻:35歳(専業主婦)
長男:10歳(小学4年生)
長女:8歳(小学2年生)
現在の生活費 月額30万円
自宅 マンション
*住宅ローンで購入、団体信用生命保険に加入
妻の寿命 87歳
(厚生労働省の簡易生命表をもとに算出)

遺族の支出予想額

1.末の子が独立するまでの遺族の生活費

現在の年間生活費×70%×末の子が大学を卒業するまでの期間
(30万円×12ヶ月)×70%×14年(22歳-8歳)=3,528万円

  • 現在の生活費から世帯主の生活費(30%)を差し引き、70%で計算
  • 末の子が独立するまでの期間を高校までと考えるなら18歳で計算

2.末の子が独立した後の妻の生活費

現在の年間生活費×50%×末の子の独立後(23歳)、妻が1人で生活する期間
(30万円×12ヶ月)×50%×37年(87歳-50歳)=6,660万円

  • 現在の生活費の50%で計算
  • 妻が1人で生活する期間は、妻の平均寿命87歳から末の子が独立した後(23歳)の妻の年齢(50歳)を引いて計算します。

3.こどもの教育費

子どもの教育費は、公立と私立で大きな差がでます。

公立 私立
小学校 305,807円 1,422,357円
中学校 450,340円 1,295,156円
高校 386,439円 966,816円
大学 535,800円 902,000円
  • こどもを二人とも大学まで公立に通わせる場合
    11,753,530円=5,570,958円+6,182,572円
長男 長女
小学校 917,421円
305,807円×3年(4年~6年)
1,529,035円
305,807円×5年(2年~6年)
中学校 1,351,020円
450,340円×3年
1,351,020円
450,340円×3年
高校 1,159,317円
386,439円×3年
1,159,317円
386,439円×3年
大学 2,143,200円
535,800円×4年
2,143,200円
535,800円×4年
合計 5,570,958円 6,182,572円
  • こどもを二人とも高校から私立に通わせる場合
    18,165,392円=8,776,889円+9,388,503円
長男 長女
小学校 917,421円
305,807円×3年(4年~6年)
1,529,035円
305,807円×5年(2年~6年)
中学校 1,351,020円
450,340円×3年
1,351,020円
450,340円×3年
高校 2,900,448円
966,816円×3年
2,900,448円
966,816円×3年
大学 3,608,000円
902,000円×4年
3,608,000円
902,000円×4年
合計 8,776,889円 9,388,503円

4.その他

  • 葬儀費用:約230万円
  • 住宅ローンの返済額:団体信用生命保険に加入しているので、考慮する必要はありません。

子どもの結婚資金(親の援助額)、住居リフォーム費用などを加算する場合もありますが、生命保険で準備する必要はないと思いますので、ここでは割愛します。

遺族の支出予想額の合計

こどもの教育費は、大学まで公立として計算します。

1.末の子が独立するまでの遺族の生活費 3,528万円
2.末の子が独立した後の妻の生活費 6,660万円
3.こどもの教育費 約1,175万円
4.その他(葬儀費用) 約230万円
合計 約11,593万円

次に、遺族が受け取る収入の見込み額を計算します。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 大阪府民共済活用なび All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.