大阪府民共済(都道府県民共済の大阪府版)を活用する際に、知っておいた方がよい知識です。

入院共済金の目安

入院した場合に大阪府民共済から支払われる、入院共済金の1日あたりの金額(日額)の目安は、5,000円~10,000円程度が妥当だと思います。

詳しくはこちら

入院時の保障日数の目安

大阪府民共済の総合保障型や入院保障2型は、病気による入院1回の保障日数の限度を124日としています。

詳しくはこちら

高額療養費とは

高額療養費とは、医療機関や薬局の窓口で支払った金額(医療費)が、1ヶ月(月の初めから終わりまで)の上限額を超えた場合に、返還される金額のことです。

詳しくはこちら

傷病手当金とは

傷病手当金は、健康保険の被保険者が病気やケガのために会社を休み事業主から十分な報酬を受けられない場合に、被保険者とその家族の生活を保障するために、健康保険から支給されるものです。

詳しくはこちら

こども医療費助成制度とは

「こども医療費助成制度」とは、ケガや病院でこどもが治療を受けた際に、病院に支払う医療費を自治体(市区町村)が助成する制度です。

詳しくはこちら

先進医療とは

国が一定の安全性や有効性などを認めた医療について、公的医療保険(健康保険等)を適用し実際に臨床で応用しながら、総合的にみて公的医療保険(健康保険等)適用が妥当かどうかを評価するシステムが「先進医療制度」です。

詳しくはこちら

重度障害とは

大阪府民共済では、死亡しなくても重度障害になった場合、死亡共済金と同額の重度障害共済金が支払われます。

詳しくはこちら

必要保障額とは

必要保障額とは、世帯主に万一のことが起きた場合に、残された遺族が生活していくために必要な資金のことです。

詳しくはこちら

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは、住宅ローンを利用して住宅購入資金の借り入れを行う際に加入する生命保険です。

詳しくはこちら

遺族年金の試算方法

遺族年金には、すべての被保険者の遺族が対象となる「遺族基礎年金」と、厚生年金や共済年金の被保険者に遺族だけに「遺族基礎年金」に上乗せして支給される「遺族厚生(共済)年金」があります。

詳しくはこちら

生命保険料控除による減税効果

大阪府民共済の掛金などを支払った場合に適用を受けられる生命保険料控除には、どのくらいの減税効果があるのでしょうか?

詳しくはこちら